コンテンツにスキップする

メニューにスキップする


visual_image_1

音声案内機レンタル場所 :  1階案内デスク

音声案内機の使い方

音声案内機の使い方

  • 使い方
    • まず、(1. 電源)ボタンを押して、(5. イヤホンジャック)にイヤホンを連結します。(10. 言語切換)言語を選択した後、(2. ボリューム)ボタンで音量を調節します。
       
    • 音声案内機を着用した観覧客は、説明を聞こうとする展示物の前で該当展示物のコンテンツ番号を(8. 番号選択)ボタンで選択して、(6. 再生/一時停止)ボタンを押すと再生が始まります。再生されている展示物の名前と番号が(3. LCD画面)に表示されます。
       
    • 聞こうとする内容を順番通りに聞かれる時は、(4. PREV , 7. NEXT)ボタンを押すと番号が順番通りに進みます。
       
    • 聞いている途中で一時停止したい時は、(6. 再生/一時停止)ボタンを押すと一時停止し、再び聞きたい時は、(6. 再生/一時停止)ボタンを押すと再生します。
       
    • 番号を選択する時に間違って押した場合には、(9. CLEAR)ボタンを押すと番号が削除されます。
       
    • 電源を切る時には、(1. 電源)ボタンを約5秒間押すと電源が切れます。
       
  • 音声ガイド機のご利用について
    •  博物館1階のインフォメーションでは音声ガイド機(韓・英・中・日の四ヶ国語対応)を無料で貸し出し、常設展示や寄贈遺物展示に関する解説を提供しております。
       
    • 貸出方法:身分証をお預けになり、貸出申込書にご氏名、携帯番号、数量などをご記入ください。
       
    •  返却方法:音声ガイド機を返却されると、担当者が確認し、身分証をお返しします。
      ※ご注意:音声ガイド機の貸出には身分証が必要です。
       
 

 モバイル展示館ご利用案内

  • 利用について
    • モバイル展示館は、当博物館においてスマートフォン等の携帯端末を通じて展示物についての説明を提供するサービスです。
       
    • ソウル歴史博物館の展示場に付着しているQRコードやNFCタグを、スマートフォン等の携帯端末で読み取ると、展示物の説明を閲覧できます。また、映像、手話の映像(韓国語)を選び、ご覧になれます。
       
    • サービス言語:展示遺物(韓・日・英・中)、展示案内パネル(日・中)
       
    • ご利用可能な展示場:常設展示場、寄贈遺物展示場
       
  • 使い方
    •  NFCタグを読み取るためには、設定の必要がありますので、1階のインフォメーションセンターのパンフレットをご参照ください。
       
    • QRコードの使い方(iPhone/Androidフォン)
      -QRコードが認識できるアプリを実行し、展示物のQRコードを読み取ります。
       
    •  NFCの使い方(Androidフォン)
      -携帯端末によって設定法が異なりますが、パンフレットの説明に従って設定します。NFC機能をONにし、展示物のQRコードにかざして読み取ると、展示物情報が表示されます。